Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2015 年 11 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

2015 年 10 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2015年11月28日

練習日誌
記事の編集
先週長岡の演奏会に参加の皆様、お疲れ様でした。

高梨さんから、前回から1年たちましたので、「練習日誌」を、といわれ昨年の11月を見ると確かに拙文が。

今回の練習会場は、初めての所で文京福祉センター江戸川橋。スケジュール表の地図を見ながらウロウロ。
行き過ぎた所を橋本さんに呼び止められ事なきをえました。
リニューアルされたばかりなのか、きれいで気持ちの良い会場です。

アカデミーとしては久しぶりの練習でしたが先ずは、鎌田さん(四期)の体操から。
同年代なのに身体の柔らかい事。
 
尾崎さんの指導で発声練習。
声出しからUBI CARITAS を使っての発声練習。
自分の声は捨て、隣の人の声に寄り添って、パートが1つに、全体が1つになる事を目指して、の指導のもとラララで発声練習。
頭では解っていても、実践はと云うと??
昔聞いたスエーデン放送合唱団の澄んだハーモニーを思い浮かべ。

練習はピアニストの巨瀬さんも加わりUBI CARITAS 、とNORTHERN LIGHTS。
尾崎さんからは先ずは音程をしっかり!
イェイロの三曲は歌詞には重きをおかなくて大丈夫ですが、声は個性を殺し、最終的には全体が1つになるようにとのご指導を受け練習。

続いてマーラーの「さすらう若人の歌」
V番。休憩をはさんでW番
発音を確認しながら、音を確認しながら約二時間。
発音も音も以前に指導され注意された箇所ばかり。楽譜の赤字が二段三段。
こんな筈ではと思うことばかり。
年のせいにしないで、次回の練習までにはもう少し楽譜を持つ時間を多くして、尾崎さんや周りの人に迷惑をかけないよう頑張ります。

テノールAN




Diary V2.02 [CGIダウンロード]