Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2016 年 9 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

2016 年 08 月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

2016年9月17日

記事の編集
Bass名ばかりパーマネが担当させていただきます。

北条先生の発声は、「通勤電車で寝てる人」(頭を後ろに倒して首・顎まわりの力を抜いて、口が半開きになった状態)から、頭の位置だけ元に戻して、唇を軽く包み込む状態で息を流す練習。
(このときの唇の例えで出てきた名前は、どれもピンと来なくて忘れてしまいました・・・(^-^;)

10月の千代田区フェスで演奏する「インド風チキンカレー」と「パエリア」の2曲を練習。
この「キュイジーヌ」はあくまで「レシピ本」なので、聴いている人にレシピが正確に伝わるように歌うべし。

パエリアの、歌詞のない8分音符♬にはhの子音を入れましょう。
「パエリアの故郷スペインはとーほく」ですよ!


続いて、福田さんのドラム入りでQueenを全曲。
まず、この曲は決して「直立不動」で歌わないこと との指示あり。
以下に、発音に関する注意を中心に、指示されたことを書きます。

Somebody to love
サビの部分はゴスペルの雰囲気。"love"のLの子音を少し前に引っ掛けて長めにして、最初から口を開かずに歌うことになりました。

We will rock you
"Rock" ×「ロック」⇒○強いてカナで表現すれば「ゥラック」。
"will"も ×「ウィル」 ⇒口をiにしたまま"L"の子音を入れましょう。

We are the champion
"No Time" ×「ノータイム」⇒○「ノウ タイム」
"Champion" ×「チャンピョン」「チャンポン」 ⇒oの母音を粘ってください。

I was born to love you
"born" ×「盆」「凡」 ⇒oの母音は口を広くして。
サビの"every single dayof my life"の伸ばす部分はiで伸ばす。
×「デーイ」⇒○「デイー」 ×「ラーイフ」⇒○「ライーフ」
です。

以上、
掲載が遅くなりました。仙台に楽譜を全部持って来ていなくて、書き漏らした所があったらご容赦ください。




Diary V2.02 [CGIダウンロード]