Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2014 年 6 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

2014 年 05 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2014年6月7日

記事の編集
◇練習指揮:尾崎さん 練習ピアニスト:山賀さん
◇S:11 A:4 T:6 B:5 
◇通常スタイルの発声、Happy Birthday to You=Waltz、Jazz Ballad、Classically a Cappalla、Rock&RALL バージョンで
 発生を兼ねて今回の誕生月の「チャコちゃん」をお祝い。
◇「南風の歌」愛よ、砂持節
 ロジェワグナー合唱曲集 一部 (ESC参加者のリクエストに応 えて臨時練習)
 富山に伝わる三つの民謡 全曲(一部割愛)

◆ESCの練習スケジュールのしわ寄せで、変則且つ過密な日程が続き、参加者は少なく、練習開始時の寺山体操には15名前後。
◆尾崎さん監修の「南風の歌」の解説が配布されています。今日の練習では砂持節は伊江島に伝わる労働歌であること等の解説を受けての音作り。時には感性任せではなく、知性を踏まえて歌うことも必要でしょう。解説は必ず一読しましょう。「富山」の譜面にも作曲者による解説が載っています。「ロシア民謡」等も尾崎さんの解説を期待します。
◆8th Concertは「富山」以外の3ステージは、全曲が独立した小品で全ての曲間に拍手が入りそうな感じのステージ構成という気がします。これらの短い一曲一曲をどのように歌い表現するのかは、非常に難しい課題です。○○曲集とか△△作品集とかを聴いてGood!と感じた演奏はなかなかお目にかかれません。演歌歌手が僅か3分程度の空間に自分自身の世界を作り上げ、一つのドラマを歌い上げるように、我々の合唱も3分間一本勝負でせめて勝ち越しはしたいところです。
           今日の日記はBass 11期 福田 でした。




Diary V2.02 [CGIダウンロード]