Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2017 年 6 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

2017 年 05 月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

2017年6月10日

記事の編集
6月10日練習日誌
慶應義塾大学日吉校舎

13:00〜15:00
OBステージ:心の四季
GP前、最後の練習でした。。。そうは思えない!と言われてしまいましたが。。。
今まで言われてきていること、毎回同じです!そして、都度少しはできるようになって帰っているはずなんですけど。。。一発目からやりましょう!
出すところは出す。
引っ込めるところは引っ込める。
中途半端は一番恥ずかしい。

15:00〜17:00
合同ステージ
慶應義塾大学ウィンドアンサンブルさんとの初合わせ。4曲ざっと合わせました。
慶応WEさんは50人前後のそこそこフル編成。となると、合唱が入る時は、吹奏楽は音量を抑えなければならないストレスがあります。
が、小久保先生はそれほど吹奏楽の音量を絞ることもなく、のびのびと吹かせている様子。
となると、後ろに立つ合唱団は、前に楽器の壁を感じてしまい、戦おうとして自爆しがちなのですが、歌っている方もそんなストレスは感じません。
ということは、伊藤先生と信長先生の吹奏楽版アレンジが、ちゃんと吹奏楽と合唱、共存するように作られているんだな、と感動!
とても楽しい2時間でした。ますます本番が楽しみになりました!
慶応WEさん、翌週に自団の定演を控えているにもかかわらずお付き合い頂き、あそこまで仕上げて頂いていて、感謝です!
(ワタクシ、合唱歴もそこそこ長いですが、吹奏楽歴も現在31年目更新中でございますので、かなり吹奏楽にひいき目です。)

ALTOこめ




Diary V2.02 [CGIダウンロード]