Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2016 年 1 月
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

2015 年 12 月
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

2016年1月24日

合宿2日目
記事の編集
本日はマエストロ早川のもと、「キュイジーヌ」の譜読みと全曲アンサンブルをやりました。

以下楽曲順に注意事項を記載します。

1.スパゲッティ ペスカトーレ
ユニゾン合わせましょう。
5ページ ♪「ひとつ」かみの、とか ♪「ねじりな」がら、とか、♪ 「くっつか」ない、とか
同音のかたまりを気にして、半音で動くところを曖昧にしない。
13ページ 「あさりや」いか、
「しお」こしょう、も同様に。

6ページ 「なかで」
同様に、13ページ 「さきに」
付点を感じて

2インド風チキンカレー
全体的に、♪を長めにレガートに歌う。
fとmpの差を付ける。
19ページ ♪ きつねいろになるまでしばらくいためたらの4小節
急がないこと。
25ページ 3段目以降は
しっかり鳴らして。

3パエリア
最終形はノリノリの曲にしたい、とのこと。
31ページ 2段目alto
♪ たし「♯て」あじ「ナチュラルを」
の音の違いを意識して取り損ねないように。
34ページ 1段目alto「サフラン」「ひとつまみくわえ」
理屈でなく音程を覚えちゃいましょう。

35ページ〜最後 速度が変わるので指揮を見て。

4オムレツ
ふんわりと柔らかなオムレツのイメージをpで表現しましょう。

5大阪風お好み焼き
言葉をはっきり滑舌よく喋りましょう。
45ページ 1段目 頭はp
「あおのりをたっぷりとふりかけて」
altoセカンドははbassと音がぶつかるのでしっかり音取りしましょう。

50ページ 1段目 mpからcresc.してfまで。
3段目 ♪ おこのみやき はpで呟くように。

早川マエストロのうんちく: 作詞の伊藤千鶴さんは作曲家 吉岡さんの奥さんで、別に作詞家ではない、とのことです。

以上、合宿に来られなかった方に少しでもニュアンスが伝われば…

河口湖の空気はピリッとして
しかしおおばさんの室内は暖かく、お食事は美味しく、練習はスムーズに進んだと思います。
次の練習までなんとか憶えていられるように頑張らねば…

文責 ゆっこ でした。

追伸 咳風邪で皆様にご迷惑をおかけしました。体調管理気をつけまーす。





Diary V2.02 [CGIダウンロード]