Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2015 年 9 月
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - -

2015 年 08 月
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

2015年9月19日

記事の編集
前回に続き、東中野•桜山キリストの教会にて。お姉さんによる体操の後、まずは北條先生の発声から。
フォームを整え、喉をリラックスさせた状態で息を流すことを目標に、基本の母音とウムラウトの練習。

その後 山賀先生をお迎えし
「さすらう若人の歌」4.(彼女の青い目が)を
前/中/後半に分け、
ラララで歌い→ドイツ語を読み→ドイツ語で歌う
方式で、最後まで歌いました。
まだまだ発声でやったような発音への道のりは遠いですが、美しい曲でこれからが楽しみです。
ちなみにアルトは(2.以外は)他パートの皆様に、たくさん苦労をかけてすまないねえ…Hm…

ニューフェイスのMちゃんが来てくれました!懐かしい〜!
彼女が「クイーンに興味があって」と言ってたからかな?休憩の後はいきなり
I Was Born To Love Youでした。もしかして合唱祭これやるの!?と一瞬思いました!が、んな訳ではなく、その後ふつーに Bohemian Rhapsody の練習が始まりました。
(最後、通しの前にChampionsも歌いましたが…詳細は省略)

「アーリーでは皆さんが楽しそうに歌っているのが伝わったから、お客さんも楽しめた。今はまだ自分が歌うことだけに一生懸命な感じ。もう少し余裕を持って、楽しめるようになりましょう。」
と尾崎さんのお言葉。正にその通りですね!
来月に向け、何度も繰り返して慣れて、自分たちがノりながら、千代田フェスでもオオッと思わせるようなステージを目指しましょう〜!

担当はAlto-Iでした。




Diary V2.02 [CGIダウンロード]