Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2015 年 4 月
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- -

2015 年 03 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

2015年4月4日

記事の編集
日頃はゴスペル指導をされている黒木先生をお迎えして、2度目の練習となりました。
前回合唱の世界にこんな練習もあるのか?と思う位に動きのある楽しい音の作り方、発声方法、飽きない新鮮な練習方法でクイーンの世界に入り、あっと言う間に時間が流れました。

今回も前回同様、先生の身体全体から出るエネルギーと声を出すことはこんなに楽しいんだよ‼と言う表現力で私達をクイーンの世界に引き込んで下さいました。
1秒たりともじっとせず、天井を見上げながら手振り足踏みで、私達に歌う事の楽しさと喜びを表現なさいました。
確かに声を出すことが楽になり、開放感を感じました(*^^*)
ピアノを囲みながら各パート毎に身体を動かし、声を出し音取りをする皆との一体感も楽しかったです。
今回は手も足も使うので楽譜が持てません!
と言われているので暗譜しなければならず、宿題になる部分もありますが、英語を呪文の様に唱える事等、方法論も伝授下さいます。

友人にも何人かゴスペルをやっている人がいますが、黒木先生の様なご指導を受けられるなら、面白く楽しいだろうと思います。

私達は中々普段はそんな機会には出会えないので、あと数回黒木先生のご指導日がありますので、参加されていない皆様にも、是非この貴重な体験を一緒にして頂けると嬉しいなぁと思います。

WE ARE THE CHAMPIONS 他、今後の仕上がりが楽しみです。
来年のOB第9回演奏会にも繋がる曲目とのこと、是非この経験を経てOB会へ入会して頂けたらと思います。

後半は<地球線のかなたへ>から「二十億光年の孤独」の音取りでした。

今回は短期間に暗譜をすると言う大きな課題が出されました。
私は暗譜が大の苦手、コンサートに出るのを辞めようかと思った程ですが、諦める前に先ず努力をと思い、ある方に暗譜の方法をご教示頂きました(*^^*)

@ワンフレーズ毎にメロディーを先に覚える
A歌詞を10回づつ書く
B書いた歌詞を見ながら10回口づさむ
云々、方法は色々あると思いますが、努力あるのみかな‼と。

OB合唱団5回目コンサートで歌っていたジャズミサ、皆さんの輝いた表情と歌で感動したのが思い出され、頑張って見ようと思います。

ソプラノ 半澤幸子




Diary V2.02 [CGIダウンロード]