Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2015 年 1 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

2014 年 12 月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

2015年1月25日

記事の編集
合宿2日目(1/25)です。

初めて日誌を書くので 不慣れで申し訳ございません。
合宿初日は睡眠をたっぷりとって 今日は体調万全。朝食も昼食もいっぱいいただきました。
9時から10時半迄パー練。アルトとベースは一緒に ロシア民謡と「富山」をやりました。
10時半から北條先生においでいただきアンサンブル。
まず イギリス民謡
•埴生の宿
2ステージ目なので あまり必死にならないで。頑張って入いると お客様も疲れてしまうので、癒やしてあげる。休ませる、息ぬきのステージにする様にとの指示。
ベースのサウンドに合せて落着いたステージに。
•アニーローリー
ペンキを横に塗る様に、白い音符をのばす。余裕と優しさをもって入いる。
•ダニーボーイ
10頁下の above me 8分音符を長く。
グラス片手にゆらす様に歌う。
•庭の千草
女声のメロディーのところ 男声はおさえて。なつかしい息使いで。
•グリーンスリーブス
joy delight に 重心を。
16分音符は軽く。

11時40分 巨瀬さんが合流 12時半迄アンサンブル。
南風の歌
•旅の浜宿
距離感を感じて。千鳥の鳴き声はかわいらしく。
•谷茶前
表情 明るく。
•愛よ
わくわく感。うきうきして。
スケルツォは おどけて。
•子守歌
風を感じて。上昇気流に乗せる。
ドミソシのシは高めにとる。

午後 ロシア民謡と「富山」
4時に2日目 合宿終了。
ステージの4曲 全部さらうことができて いい合宿になりました。
(10期 Alt S)






Diary V2.02 [CGIダウンロード]