Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2014 年 9 月
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - -

2014 年 08 月
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

2014年9月6日

記事の編集
9月6日、強化練習を小松川区民館で行いました。担当はアルトのIです。
 午前は有志パートによるパート練習。ソプラノ以外が集まり、全体で発声したのちアルト、男声(テナー、ベース)に別れました。アルトは畳の良い香りのする和室で、合宿のようだとはしゃぎ?ながら始めました。
イギリス民謡・・・アーリーで歌ったはずなのに。
南風の歌・・・音階での音取り、リズム読みで新しい発見がここかしこに。
 午後1時から2時までは北條先生による発声。前半はソプラノ、後半はアルトを見ていただきました。「アルトもさわやかに歌いましょう。アルトらしく歌おうと思わなくてよいです。」とのご指導のもと「思ったよりよかったわ。」とのお言葉をいただき、喜んでよいのか悪いのか、ちょっぴり複雑な心境でした。
 その後ふたたびパート練習。ロシア民謡は言葉がついていけず、まだまだ苦戦状態です。
 4時からのアンサンブルは全体をざっくり通すということで、曲順にそって歌いました。さっきまでのパート練習はなんだったのかと思えるところもあり、しっかりパート練習が活かされているところも随所に見られました。7時45分まで休憩をはさんでの練習はかなりハードでした。
 
 8thコンサートまで半年。強化練習が無駄にならないよう、各自の練習が大切ですね。





Diary V2.02 [CGIダウンロード]