Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2006 年 11 月
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- -

2006 年 10 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

2006年11月4日

ブル先生の好奇心
記事の編集
今日は2回目のブル先生のアンサンブル。先生、電車乗り過ごさずに来てくれるかなぁ・・・、なんて冗談(半分マジ?)。今日は2時ぴったりに始まりました!
「ジプシー」は前回の続きで9番"Weit und breit schaut ・・・"から。いきなりエネルギー全快で、ちょっと頭がくらくらしてきました。ブル先生のタクトも力強く譜面台を打ち続けていましたね(笑)。
9番から始め一周して11番まで終わったとき、16時20分頃・・・みんながだいぶ疲れてきた頃・・・先生は椅子に腰を下ろされてお話を始めました。『斎藤佳三(サイトウカゾウ)さんて人、知ってる?』と。だれでも知っている曲"ふるさとの"の作曲者だそうです。(http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/furusatono.html で聴けます) 注:うさぎ追いし・・・の故郷じゃないよ。
斎藤さんは作曲だけでなく美術やデザインの分野でも活躍された方で、近く東京藝大で展示会があるということです。
どうしてブル先生が斎藤佳三さんのことを知ったかは、単に”いつもの好奇心”から。いつも何にでも興味を持って生きているといろいろ楽しいことに出会うよ、脳も鍛えられるしね、とおっしゃってました。
最後にもう1度、ジプシーを通すかなぁと思っていたらそのまま練習は終わってしまいました。残念がった人、ほっとした人、様々。次回もよろしくお願いいたします!!





Diary V2.02 [CGIダウンロード]