Academy-OB Choral Diary(練習日記)

[HOMEへ戻る] [TOPへ戻る] [日記を書く] [一覧表示]

テキストのみ書き込み    画像アップロード有り
2006 年 1 月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

2005 年 12 月
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


2020年1月18日

記事の編集
1/18(土)センター試験の日。
寒くてみぞれ混じりの天気。
受験生は自分の力を発揮する時。
私達は、文京区合唱のつどい最終練習で声を合わせる時。
熱気を感じる楽しい練習でした。

尾崎さんの発声練習からスタート。
「優しき歌W また昼に」の曲中、
[昼の白い光の中で〜♪][夜(ぃよ〜る〜♪)]の音程の確認、声の出し方、ハーモーニーの確認。
『自分の声を主張するのでなく隣の人の声を聴いて寄り添って歌う。』
そんな言葉をいただきました。

その後、泰志さんの指揮で優しき歌Wの練習。
きめ細やかなハーモーニーの確認が続きました。
仕上がってきたと感じる。
尾崎さんから泰志さんへバトンが渡されたのだ。
[信じたならそれでよい〜♪]
音程がクリアになってきた。
気持ちが寄り添ってきたのかな。

歌う側も指揮者へ問いかけをし、指揮者はそれに答える。応える。
皆で曲を作っていると感じた。
そして、曲が仕上がっていく。

「優しき歌U.さびしき野辺」も練習。うーん、細かいところが「優しくない歌だなぁ」改めてがんばります。

続いて、尾崎さん指揮で「カヴァレリア ルスティカーナ」の練習。
歌える人が多く、音量、勢い増大。
22期が現役2年生の時に歌っていると、Kiekoさんの日誌にありました。
たくさん人を集めて歌いたい。
課題は色気を出すこと。
尾崎さんが可愛らしいポーズで表現してみせてくれましたが、真似して色っぽさをマスターしなくちゃ。

まずは、26日。
周りと寄り添い、気持ちを一つに美しいハーモーニーを奏でましょ!
音程をしっかり保ちましょ!
今週は自主練習がんばりましょ!
追伸:私達の次の団体で、同期(18期) 八木静子さんが歌います。
アルト Izumi



Diary V2.02 [CGIダウンロード]